HOME > 採用情報 > 在宅業務委託

在宅業務委託

委託する業務

ご自宅で対象の公開後の特許公報を精読し、特許分類を付与する業務です。
技術の進歩などで、既に付与された特許分類が実態と合わなくなると、先行技術調査の際に利用する検索キーとして利用しにくくなります。
特許分類が最新の技術に合わせて改正されれば、その改正に合わせて既に特許分類が付与された文献に改めて新しい特許分類を再付与することが必要になります。
この特許分類の再付与を、在宅業務委託者の方に行っていただきます。

在宅業務概要(業務・納期・報酬)

委託業務の概要は以下のとおりです。

業務
  • 対象となる特許文献を精読し、技術内容、特徴を把握します
  • マニュアルに従って該当する分類を付与します
  • 付与した根拠となった箇所にアンダーラインを引き、分類を記入します
  • 専用のデータシートにマークをします
納期
  • IPCCが作成したスケジュールに基づき、自宅で付与業務を実施します
  • 所定の納品日に郵送して納品します
報酬
  • 付与を行う技術分野により異なりますが、1件当たり900円から2,500円の報酬をお支払します
  • 毎月末日までに納品していただいたものについて、翌月20日に指定の口座に報酬を振り込みます
pagetop