HOME > 採用情報 > 在宅業務委託 > 応募方法

応募方法

※ 現在募集を行っていません

まずは付与者として登録を

在宅業務委託者として業務を行う前に、付与者登録を行っていただきます。 ご自身の専門技術分野や、実務経歴を事前登録していただき、付与業務が発生した場合に募集案内を送付させていただきます。 なお、付与者としての登録に必要な資格は以下の2つです。 ①大学(理系)または高等専門学校卒業の方で、かつ各技術分野において研究または設計開発の実務経験をお持ちの方 ②日本国内在住の方(沖縄県及び離島在住の方は除きます。ご了承ください) 特許関連の業務経験や知識、現在在職中か否かは問いません。

付与業務開始までの流れ

付与業務が発生した場合、実際に付与者として業務を行うまでの流れは以下のようなものです。

①適正登録者の選出募集案内の送付 事前登録者の中から、技術分野にマッチングする者を選出し、募集案内を送付します。

②テストの実施 募集案内を見て、付与業務を行いたい方は、その旨ご連絡ください。付与者としての適性を判断するためにテストを実施します。送付されたテストを自宅で受験し、指定期日までに返送してください。

③合否判定 テスト結果および研究開発等の実務経験等を総合的に勘案して、合否判定を行います。

④付与件数の提示 実施していただく付与件数を提示し、了承いただいた上で正式に発注します。

⑤付与関係資料の送付 付与業務に必要な特許公報、データシート、作業スケジュール表などの関連資料をお送りします。

付与業務開始

※付与業務を実施する際、当財団の専門技術者が付与上の指導・相談にあたります。

pagetop