特許検索競技大会とは

What's PSGP

実務能力向上サイクルの起点を目指して

特許検索競技大会は、2007年からスタートした、日本で唯一、特許調査の実務能力を評価する大会です。
2013年からは一般財団法人工業所有権協力センター(IPCC)が主催しており、年々その規模は拡大しています。
本大会は、参加者の実務能力を向上させるための大会であり、試験形式の『大会』と大会で出題された問題の解説を行う『フィードバックセミナー』の2つから構成されています。大会結果が、参加者のモチベーションアップと更なる自己研鑽に向けた原動力へとつながり、その後再度大会に挑戦することで自らの成長を確認する、といった実務能力向上サイクルの基点となることを本大会は目指しています。

大会の概要

大会は年に1回、9月に東京、大阪、仙台で開催されます。初級者・学生向けのベーシックコースとプロ向けのアドバンストコースがあり、成績優秀者・優秀団体の表彰や成績に応じたレベル認定が受けられます。大会参加者への成績結果の通知は11月を予定しています。

また、12月には、大会の表彰式とフィードバックセミナーがあわせて開催されます。フィードバックセミナーでは、大会で出題された問題の解説を行いますので、わからなかった問題の復習を行うことも可能です。

コース概要

ベーシックコース 初級者・学生向け
アドバンストコース 特許調査業務に関わっている方

大会

9月頃
大会開催

11月頃
成績結果の送付、表彰者の公表

12月頃
表彰式・フィードバックセミナー

レベルに応じた2コース

ベーシックコース
特許調査の知識・技能の習得を目指している学生、企業の出願担当者、研究者等を対象としたコースです。
大会参加にあたっては、J-Platpatの知識が必要です。大会時間は90分。
アドバンストコース
特許調査に必要な知識・技能を持ち、特許調査業務に関わっている方等を対象としたコースです。
大会参加にあたっては、商用の特許検索データベースを利用した検索の知識が必要です。大会時間は4時間。

認定証の交付と表彰

認定証の交付

一定のレベルをクリアした者には認定証が交付されます(ベーシックコース、アドバンストコース共)。
アドバンストコースのゴールド認定者には表彰式で認定証の授与を行います。

(1)ベーシックコース:ベーシック認定
(2)アドバンストコース:ゴールド認定・シルバー認定・ブロンズ認定

認定証 SAMPLE

認定証 SAMPLE

成績優秀者の表彰

特に成績が優秀な個人(上位数名)及び団体には表彰が行われます。表彰者は、本WEBサイト上で公表するとともに、表彰式において表彰状及び記念品を授与します。

(1)個人の部:アドバンストコースのみ
(2)団体の部:アドバンストコースのみ(要団体参加登録)

記念トロフィー

記念トロフィー

フィードバックセミナー

大会で出題された各コースの問題については、後日開催するフィードバックセミナーで解答・検索方法等の解説を行います。大会参加者は無料でセミナーを受講できます。
フィードバックセミナーでは、大会での問題を記載したテキストを配付しますので、大会に参加していない方でも受講できます(有料)。

開催場所
東京会場、大阪会場、仙台会場の3会場で実施
セミナー内容
大会で出題された問題の解説と解答例の紹介
各問題の具体的な検索方法等の解説

これまでの参加者数

参加者人数推移

特許検索競技大会は、2007年のスタート後、様々な改善を加えて発展してきました。参加者は年々増加しており、2015年はベーシックコースとアドバンストコースをあわせて326名が参加しました。

totop

Copyright © Industrial Property Cooperation Center. All Rights Reserved.