HOME > 採用情報 > 専門技術者 > 先輩を知る

先輩を知る

専門技術者として働いている先輩の皆さん

 IPCCに入団した専門技術者は、法定の研修を修了して「調査業務実施者」としての資格を取得し、IPCCでは「主席部員」と呼ばれています。
どのような皆さんが働いているのか、実際の声を聞いてみました。

キャリアを活かして、再チャレンジができました村松さん

 

化学部門 生命工学・医療グループ
村松 裕子
(2020年4月入団 /化学メーカー出身)

【IPCCに入団した経緯】
 私は長年勤めた化学メーカーを家庭の事情で退職した後、約5年以上のブランク等を経て、IPCCに入団しました。転職活動を通じて、40代ましてや50代のブランクのある女性が技術経験のキャリアを活かして再就職する事の難しさを痛感しました。転職活動で苦戦しているとき、化学メーカー時の同僚からの紹介でIPCCに出会いました。IPCCは、年齢や性別に関係なく、働きたいという強い意欲と技術的専門性があれば、キャリアのブランクがあっても受け入れてくれる職場でした。もしかしたら、自分と同じような境遇の方もいらっしゃるかもしれません。これまで培ってきた技術経験を活かす機会をあきらめず、ぜひチャレンジしてほしいと思います。

【育成研修、入団1~2年目】
 IPCC入団後、すぐに約2か月間の法定研修が始まります。知財未経験者でも十分その後の実務に対応できるカリキュラムとなっていますが、その分、学ぶべきことも多く勉強は大変でした。研修が修了すると、息つく暇もなく検索業務等の実務が始まり忙しい日々が続きます。実務は高度の専門性を要求されるため、新人にはいろいろな苦労がありますが、主幹や先輩主席部員が随時手厚くフォローしてくれるので、立ち止まらずに進むことが出来ました。更に、スタッフによる事務的な作業のサポート体制が整っていて、雑務から解放された点は忙しい日々の中でとても有難く感じました。

【入団3年目~】
 自分の生活スタイルに合った業務量を選択し(3年目から業務量の選択可)、またフレックスタイム制も活用して、プライベートと両立させながら働き方を調整しています。オフィス周辺には、いくつもの公園や散策に適した運河があり、大型の商業施設も隣接しています。私の場合、昼休みに緑豊かな木場公園や近くの運河沿いを散歩したり、仕事帰りに商業施設内のフィットネスクラブ(IPCC法人会員)で運動したりして、気分転換しています。この職場であれば、きっと自分に合ったワークライフバランスを見つけられると思います。

主席部員から副主幹・主幹へ菊池主幹

 

機械A部門 分析診断グループ
菊池 良彦
(2008年7月入団 /機械メーカー出身)

【41歳で入団して】
 前職のメーカーで特許の仕事に興味を惹かれたことがきっかけで、入団しました。入団当時、周囲の先輩方に比べて比較的若く、経験も浅かったこともあり、経験豊富な先輩方にとても親身に世話を焼いてもらい、自分の成長をアシストしていただきました。また、仕事では特許庁の審査官がカウンターパートとなりますが、同世代の方が比較的多く、話が合い仕事が進めやすい面もありました。十数年にわたりIPCCで仕事を続けていますが、知財業界が世の中の動きとともに目まぐるしく変化するのを実感してきました。この間、技術のみならず、仕事の進め方や職場の雰囲気も時代とともに変わりましたが、少しでも早いうちから新しいことに挑戦したことは結果的に良かったですし、常にチャレンジができる環境は、自分にとってやりがいのある職場だと感じています。

【主席部員からステップアップ】
 主席部員を約8年経験して管理職登用の話がありました。検索業務が性に合っていたので、管理職になるのは悩みました。しかし、一般企業の管理職とは異なり、「主席部員のサポート役」であるIPCCの管理職は、自分に向いているのではないかと考え直して副主幹となりました。
現在は、主幹として、引き続き主席部員のサポートをしながら、主席部員にとって働きやすい職場を目指して仕事に取り組んでいます。

【知財挑戦者には働きやすい】
 知財が好きで、文章や法律に抵抗がなければ、知財に挑戦しやすい仕事だと思います。IPCCでは法定研修の修了に向けて、入団前から手厚いサポートがあるため、安心感があります。また業務に慣れてきたら、別の技術区分の資格取得もできるので、意欲次第で新たな技術分野への挑戦も可能です。待遇面では、給与体系に透明性があり、業務量の選択もできます。専門的なスキルを身につけて、多くの業務量をこなせるようになれば、それに応じて収入を増やすことができるのも魅力だと思います。

長期にわたる勤務と充実したライフワークを石田副主幹

 

機械B部門 医療機器グループ
石田 正夫
(2009年4月入団/医療機器メーカー出身)

【入団の経緯】
 前職では、先進的な技術開発・商品開発を夢見て仕事していました。特許関係の仕事の経験はありませんでしたが、前社に勧められIPCCを知りました。そこで思ったことは、以下の3点です。
 ①先行技術調査および特許分類には自身の専門分野の経験・知識が活かせる。
 ②特許法を運用にかかわる社会に貢献できる責任ある仕事であり、誇りが持てる。
 ③審査経緯の一部として自身の検索報告書が世界中に公開される。“自身の仕事の証”を世に残せるようでありがたい。
 調査は地味な仕事ではありますが、定年後まで自身の経験・知識が活かせ、誇りをもって仕事ができることは幸せです。

【長くIPCCで勤務することでのメリット】
 2009年に当時48歳で入団、IPCC内の手厚い研修、諸先輩の優しいご助言のもと、研修も無事修了し(若いほど楽かもしれません)仕事も徐々に覚え、その後十数年、地道に一生懸命に仕事に打ち込んできましたところ、「副主幹」登用の話をいただき現在に至ります。定年後の仕事でも昇進があるのがIPCCです。

【同好会活動等で充実したライフワーク】
 入団後しばらくして、テニス同好会に入会しました。仕事はデスクワーク中心、リフレッシュが必要だと思います。程よく体を動かし、プレーの合間に仲間と無駄話するのが楽しいです。週末は大好きなテニスでリフレッシュ、ウィークデーは一生懸命に仕事といったメリハリができます。同好会活動のせいかどうか(体質もあるでしょうが)、入団以来、特に怪我も病気もなく、学生時代と変わらぬ体形を維持しています。
 IPCCには40近い同好会がありますので、好きなこと見つけ、仲間をつくることができると思います。また、退団後もOB会員として継続し、生涯の仲間と楽しむことができます。

個々のライフスタイルに合わせられる勤務が魅力です相田さん

 

機械A部門 応用光学グループ
相田 美智子
(2019年10月入団 / 機械メーカー出身)

【新しい技術に触れ続けられる】
 特許調査業務は、以前勤務していた会社の先輩に話を聞いて興味を持ちました。調べた結果、IPCCが業界最大規模で、処遇の面でも一番良いと思い、転職を決意しました。IPCCでは男女の差がなく仕事ができますし、特許調査のたびに新しい技術に出会うことができ、同じ分野を担当していても飽きることがありません。また分からないことがあっても、主幹・副主幹やグループの先輩方に気軽に相談できる環境があるので、不安を一人で抱え込まずに成長することができます。
 調査結果の報告(対話)では、審査官に理解して頂けるように説明をする必要があり大変ですが、私は人と話すことが好きなので、楽しんで業務を行うことができています。
 これからさらに技術知見を蓄積していき、今よりも効率よく的確なサーチができるようになるのが目標です。

【ライフスタイルに合わせた勤務】机
 個人で完結できる仕事なので、仕事の予定を調整しやすく様々なライフスタイルを抱える女性にとっても働きやすい職場だと思います。体調が優れない時には、フレックスタイム制や時間休暇を使って勤務時間を柔軟に変更できますし、在宅勤務を活用することで通勤時間がかからない分、生活にゆとりを持つこともできます。また木場のオフィスに出勤すれば、広々としたデスクと大画面のパソコンで作業ができる上、調査をするためのシステムが大変充実しているので、職場環境も快適です。

【応募を検討している方へ】
 前職のメーカーでは、約15年間技術開発を経験した後、技術職から離れ、広報活動を担うスタッフ職をしていました。そのため他の主席部員よりも直近の技術知見が不十分でしたが、周囲のサポートや研修等、IPCCの教育体制が整っていたおかげで、順調に業務に慣れることができました。選考過程で自分の経験にあった配属先グループを相談して決められたのも大きかったかもしれません。
 人生において新しいことに挑むのは勇気のいることですが、今後も技術に関わりたい方であれば、挑戦するには十分に価値のあるお仕事だと思っています。

研究職からの転身でした矢澤さん

 

機械B部門 医療機器グループ
矢澤 克美
(2015年10月入団/研究機関出身)

【30~40代からの転職活動】
 任期付き研究員として勤務しつつ転職先を探していた際、知人からの紹介でIPCCのことを知りました。40歳前後で知財の実務経験が少ないという状況で、弁理士事務所や企業からは良い返事はもらえませんでしたが、IPCCは、大学や研究機関での知識・経験に基づいて、年齢の問題は無く採用されました。専門としていたバイオ技術の分野ではなく医療機器分野での採用となり、最初は戸惑いましたが、特許文献は基本的には論理的に記載されているので、毎日のように読んでいると確実に経験値が増えます。上司や同僚は、特許法の知識や機器開発の経験豊富な方ばかりなので、もし分からない技術があっても、快く教えてもらえます。

【研究職出身で生かせる経験】
 大学・研究所の発表では、研究テーマの動機付け・実験手法・結果・考察といった流れで論理的にかつ分かり易く他人に伝えることが必要ですが、特許庁の審査官に検索で見つけた文献を説明する際に、この経験は大いに役立っています。どこまでがこれまでに分かっていて何を解決したいのか、発明者はなぜそのような構造を採用したのか、それにより何が解決されるのか、一連の流れは、よく似ていると思います。また、審査官の質問の中身を理解し、適切に回答するのも、学会発表における質疑応答の経験が役立つと思います。また、私の場合、医療機器の知識はそれほどありませんでしたが、様々な実験器具・システム等を使った経験がありましたので、こんな感じで動くのではないかとイメージしながら文献を読んでいます。

【IPCCの魅力】
 こんな技術があるのではないかと予想を立てて調査を行い、想定した通りの文献、あるいはそれ以上の文献が見つかった時は達成感があります。自分の仮説通りの実験結果が出た時の高揚感に通じるものがあります。また、期待通りの文献が見つからなかったとしても全くの無駄ではなく、自分が調べた範囲には無いという情報を審査官へ報告できます。
 会議などはほとんどなく、どの調査にどのくらい時間をかけるか、自分でかなり自由に設定できるので、勤務中に保育園からの急な呼び出しがあっても、柔軟に対応することができます。
 転勤も無く、70代まで勤められるのも魅力と言えます。研究員時代は、限られた期間内に成果が出るだろうか、数年後にはどこに引っ越すことになるだろうか、そもそも次の就職ができるのだろうか、という危機感が常にありましたが、そういった心配はなくなったと思います。
 入団直後の最初の研修はなかなかハードです。また、今までほぼ触れたことの無い法律知識を習得するのには、体力も必要です。検索業務は、高い集中力を必要とするので大変ではあるのですが、30代、40代の研究者の新たな挑戦先としては、IPCCは魅力的な職場ではないかと思います。

研究機関から転職して

 

化学部門 生命工学・医療グループ
谷中 有香
(2014年10月入団/研究機関出身)

【研究員の経験が活かせる職場】
 私は公の研究機関で研究員として勤務した後、大学の博士課程に編入して博士号を取得しました。そして次の転職先を探すため、大学の博士(ポストドクター)人材のキャリア支援プログラムに参加しました。このプログラムでベテランの担当者から「福利厚生が充実した職場がある」と最初にIPCCの紹介を受けたのが、IPCCの専門技術者の仕事を知るきっかけとなりました。とりあえず、専門技術者の応募資格を確認すると、“4年以上の科学技術業務”の要件がありましたが、研究員の期間に加えて、博士課程(修士課程も可)の期間もカウントされるので、余裕でクリアしていることが分かりました。そこで、初めての紹介先を試してみる程度の気持ちで応募することにしました。私は知財の経験がなく、専門分野が限られていたため、やっていけるのか不安でした。しかし、専門技術者の業務を疑似体験できる形式の面接を受ける過程で、自分にできる仕事ではないかと思えてきたので、思い切ってチャレンジしてみることにしました。
 恐る恐るの入団でしたが、業務を始めてみると、意外にも研究員の経験が活かせることに気づきました。例えば、不足している研究キットを補うため、色々と調べて、技術の原理を理解しながら研究を進めてきた経験は、未知の領域をどう調査すればいいのか、調査の勘を掴むことにつながり、専門外の技術分野の先行技術調査に役立っています。また英語の学術論文等を普段から読んでいたので、英語文献の読解力も自然とついていました。
 このようにIPCCは実務経験のない研究者を受け入れてくれ、かつ、これまでの研究の経験を活かせる貴重な職場です。色々な事情で、研究を続けられなくなったとしても、その経験を活かせる転職先があることを知っていただければと思います。

【新たな技術、人との出会い】
 専門技術者は、幅広い技術分野を担当するので、狭く深く研究する研究者とは技術への関わり方が異なっています。知的好奇心旺盛な私には、仕事を通じで色々な技術に出会えることが面白くて、飽きることがありません。またIPCCにはあらゆる分野の一流のスペシャリストが揃っています。年配の方が多いですが、皆さん性格が若々しくフレンドリーで、分からないことがあれば、懇切丁寧に教えてくださるので、難しい専門技術に出会っても、一人で悩まずに解決することができます。さらに、専門技術者は個人で作業をするため、自分のリズムで仕事ができ、在宅勤務もあるので、研究者の生活に比べ、自由度が高い点も魅力です。
 私は、気分転換や健康のために合唱団と太極拳同好会に所属しています。同好会を通じて、プライベートでも色々な人と気軽に話すことができる様になり、人の輪が拡がると同時に、様々な人生経験も聞けて、とても参考になっています。
 様々な技術、人との出会いは、IPCCに入団したからこそ得られた貴重な経験です。

達成感や社会貢献を感じられる仕事ですhanyuu1

 

機械B部門 生活機器グループ
埴生 厚秀
(2015年10月入団 / 電機メーカー出身)

【設計者の経験が生かせる】
 主に洗濯機や掃除機等の家電分野を担当しています。元々の専門分野ではありませんが、機械系の設計者としての経験は十分に生かせています。担当した案件の技術内容が、自宅にある掃除機とそっくりだったときは、実際に掃除機を分解して構造を調べてみたこともあります。不得意分野の案件は、その分野の知識を広げるチャンスと捉えて取り組むようにしています。

【自分のペースで進められる】hanyuu2
 基本的に一人で業務を行うので、自分のペースで仕事を進めることができます。フレックスタイム制が導入されているので、ワークライフバランスを取りやすい環境です。3年目以降は自分の希望する収入に合わせて業務量を選択することができます。実際に私の先輩は業務量を増やして取り組んでいます。

【先行技術調査は「宝探し」】
 先行技術調査は宝探しのようなものです。宝(欲しい文献)がありそうな場所(特許分類)を探しあてることが喜びであり、この業務の楽しみです。納期が決まっている分、その都度達成感や社会への貢献を感じることができます。また新人の指導役も担当するようになったので、今後は業務のフォローもしながら次の世代の役に立てればと思います。

業務に全力を向けられる環境ですodawara1

 

電気部門 インターフェイスグループ
小田原 都子
(2015年7月入団 / 電機メーカー出身)

【調査業務をするならIPCC】
 調査業務をするならIPCCがベストだと思います。登録調査機関の中で一番大きな組織ですし、同じ技術区分の人がたくさんいるので、さまざまな情報交換ができます。独自の検索ツールやオンライン対話専用ルーム、優秀な業務支援スタッフなど、すべてが整っているので業務以外のストレスがありません。業務に全力を向けられます。

【ほどよい距離感、良いリフレッシュ】odawara2
 所属グループ内では若手の主席部員同士でランチ会を定期的に開いています。審査官の情報を共有したり担当する案件について相談したりして、いい距離感を保っています。最近はコロナ禍で開催できていませんが、以前は月1回の女子会があり、異なる分野の女性主席部員同士がリフレッシュの場として非常に有効に活用しています。

【柔軟性と謙虚な姿勢を大切に】
 調査業務には、人生後半における「自分のあり方」を整えてくれる側面があると思います。集中するためには頭のスイッチをうまく切り替えなければなりませんし、長くこの仕事を続けるためには健康にも気を使うようになります。計画的に仕事を進めるためには、問題を早めに判断し、ときには周囲に頼ることも重要です。審査官との対話を通じて、相手の考えを汲み取る柔軟性、評価を受ける側としての謙虚な姿勢が大切だと身に沁みて感じるようになりました。

仲間の個性がキラキラしていますuzawa1

 

機械A部門 住環境グループ
鵜澤 康久
(2013年1月入団 / ガラスメーカー出身)

【知財未経験でも大丈夫】
 INPIT((独)工業所有権情報・研修館)の研修は身につける知識や試験も多く苦労しました。並行して行われるIPCC独自の研修は、知財経験のない私でもきちんと取り組めば合格できるカリキュラムになっており、同期入団の仲間たちと勉強会を開くなどして無事に乗り切ることができました。着任当初、指導者である主幹にはあまり複雑でない案件から担当するように配慮してもらえましたし、現在でも特許庁審査官との対話の前にチェックを受けています。1件1件きめ細かく丁寧に見てもらえることで、方向性を定めて対話に臨むことができます。

【すごく充実した同好会活動】uzawa2
 野球同好会に入団当初から所属し、コロナ禍前は幹事として毎週の練習や公式戦(パテント杯)、年2回の合宿運営に関わっていました。全国各地の還暦チームと親善試合を行い、親睦を深める機会もあります。最近は3度目の海外遠征で台湾に行きました。メンバーには80歳超のOBもいて、野球のことはもちろん業務の話でも大いに盛り上がります。年齢に関係なく、仲間の個性がキラキラしています。同好会はIPCC生活に幅と厚みを与えてくれる場所です。

【審査官の評価を励みに】
 調査業務の成果は審査官による評価点が1件ごとにつきます。やりがいの指標の一つであり、業務推進のための大きな原動力になっています。時間をかけて作成した検索報告書の苦労を、審査官に理解していただけたときはとてもうれしいですし、大きな励みになります。

技術者としての夢がかないましたitou1

 

化学部門 高分子グループ
伊藤 順一
(2008年4月入団 / 化学メーカー出身)

【専門技術分野に没頭できる喜び】
 定年を迎える2年前に出身企業からの出向主席部員として入団しました。入団前の5~6年間は管理業務が中心だったので、自分の専門技術分野に一日中没頭でき、最後まで全うできるIPCCの業務はまさに「技術者としての夢」でした。入団初日から専門技術用語を使える喜びは今でも覚えていますし、やっと“自分の畑”で仕事ができる精神的な潤いを感じました。

【選べる業務量、勤務日数】itou2
 70歳を過ぎた現在でもフルタイムで勤務しています。「目標業務量選択制度」を利用して業務量を抑えたので、以前より時間にゆとりができました。業務量や勤務日数は毎年変更でき、体調や都合に合わせて調整できる点はありがたいです。充実した定期健康診断とVDT検診は毎年欠かさず受診し、毎日15時にフロアに流れるラジオ体操にも参加しています。

itoux
【「調査業務品質優秀者」に選出】
 特に優れた調査業務を行う「調査業務品質優秀者」に2018年度に選出され、誇らしく思いました。専門分野の技術経験を生かして第二の人生を充実させたい人には絶好の職場です。給与面においても、企業の再雇用に比べてIPCCの待遇は手厚いと感じます。素晴らしいサポート体制が整っていますので安心して来てください。

 

副主幹として「良き理解者」を目指しますomata1

 

機械B部門 繊維包装機械グループ
小俣 隆
(2014年4月入団 / 電機メーカー出身)

【審査官と出願人、両方の立場で】
 検索業務は審査官の立場と出願人の立場の両方を考えて行います。入団前は出願人の立場でしたので、出願人が拒絶理由をもらった際に納得してもらえるような文献を審査官に提示するようにしています。自分で抽出した文献が実際の拒絶理由通知書や特許査定に使用されるので、責任は重大ですが産業界に非常に貢献できる仕事だと自負しています。

【至れり尽くせりの勤務環境】omata2
 多くの主席部員は第二の職場としてIPCCに入団します。みな人間的な経験も豊富で、執務室も新しくて広いので、非常に明るい職場です。IPCCには独自の検索ツールがあり、優秀なスタッフがPCやツールの使用方法を丁寧にサポートしてくれます。検索ツールの活用法についても講習会が頻繁に開催されており、至れり尽くせりの環境です。

【習熟の近道は「どれだけ周囲の人に聞けるか」】
 今後はより多くの新人を採用し、グループ全体で高品質で効率のよい検索業務ができるようにしていきたいです。業務習熟への一番の近道は「どれだけ周囲の人に聞けるか」だと思います。自分自身がたくさん助けられたように、指導というよりは「良き理解者」として周囲の主席部員に接していきたいです。

pagetop