HOME > 採用情報 > 事務職員

事務職員

仕事を知る

IPCCは『先行技術調査事業』や『分類付与事業』といった主要事業を通して、特許庁が目指す「世界最速・最高品質」の特許審査の実現に貢献しています。先行技術調査や分類付与といった業務は専門技術者が担いますが、専門技術者を縁の下で強力にサポートしているのが事務職員です。

事務職員はIPCCの経営のサポートや、運営を担う以下のミッションを担当しています。

▼事業全般

経営のサポートや事業企画、専門技術者の採用活動など、IPCCの事業活動をサポートする業務を担当しています。

▼管理、サポート業務

専門技術者の業務支援や業務を円滑に進めるシステム環境整備など業務運営を支える仕事を担当しています。

事務職員の業務は多岐にわたっていますが、IPCCの事業活動を行う上で、組織の根幹を支える重要な役割を担っています。 また、若手職員は原則2~3年で各部署を異動し、幅広いスキルを身につけることができます。

部署 仕事の内容
企画室 IPCCの事業に関する企画・立案と調査・分析、及び公益目的事業の実施運営を担当
総務部 人事管理、労務管理、各種物品の調達手続き、その他総務一般の業務を担当
財務部 経理業務・財務管理業務、及び特許庁との契約手続きを担当
人材開発部 専門技術者の採用活動や研修を担当
調整部 調査業務センターの業務運営に関する企画・調整、及び先行技術調査業務、分類付与業務の企画・進捗管理や特許庁との連絡調整を担当
情報システム部 IPCCにおけるシステム環境の総合企画及び運営管理を担当
情報管理部 先行技術調査業務、分類付与業務及び調査業務センターの業務運営に係る物流の企画、運行、管理に関する事務処理
業務支援部 専門技術者が行う先行技術調査及び分類付与の案件管理並びに業務支援

事務職員インタビュー

調整部 企画調整グループ

小仁所 宏晃

2015年入団

「プレッシャーと達成感の間で充実した毎日を送っています。」

小仁所宏晃

▼現在の業務内容

調整部企画調整グループでは、専門技術者が行う業務の管理・調整に関する業務を行っています。具体的には、業務実績の集計、業務に関する各種調査(希望調査・実態調査)、調査業務センターにおける幹部会議の運営等を担当しています。また、時には特許庁へ赴き、業務の進め方について担当者と検討・調整を行うこともあり、携わった業務が財団全体に影響することも少なくありません。

▼仕事のやりがい

私が所属する企画調整グループは、調査業務センターの要とも呼ばれるグループです。このような環境で業務に携わることは、プレッシャーや重責も感じますが、何より光栄ですし、緊張感や責任感、そして達成感を感じながら毎日の仕事に取り組むことができます。 将来的には幅広い知識を持ち、IPCCを支えられるような存在になりたいと思います。そのためにも、今私が担当している業務を着実に理解・遂行するとともに、常にIPCC全体を見る視点を持ち続けていくことが課題だと考えています。

業務支援部 化学部門支援グループ

斎藤 真知子

2006年入団

「『明るく元気に、正確、丁寧』を心掛け、仕事に取り組んでいます」

斎藤真知子

▼現在の業務内容

業務支援部では、専門技術者が行う先行技術調査業務や分類付与業務に関する書類の配付から回収までの案件管理を行っています。私が担当している化学部門では400名を超える専門技術者が所属しており、日々コミュニケーションを取りながら、皆さんの状況に気を配っています。また、取り扱う書類は、公開される前の技術情報を含んでいるため、セキュリティ管理には細心の注意を払っています。その他、各種統計データの作成、化学部門における各種会議の運営、執務環境の整備などを行っており、多様な側面から日々の業務をサポートしています。

▼仕事のやりがい

事務職員は数年ごとに異動があり、それぞれの部署で専門業務を経験し、また新たな部署でその知識を生かしながらさらにスキルアップしていくことができます。私自身、情報システム部→企画室→業務支援部と経験しており、どの部署でも決められた業務だけでなく総合的に業務に携わることができるので、やる気と能力があれば即戦力としてさまざまな場面で活躍できます。また、現在、一児の母であり、出産後に1年間の育児休業を取得しましたが、スムーズに職場復帰でき、休業前と同様に業務に携わることができたので、大きなやりがいにつながっています。

pagetop