HOME > 事業案内 > IPCC先行技術調査サービス

IPCC先行技術調査サービス

特定登録調査機関としての先行技術調査サービス

IPCCの調査能力を、広く一般にも活用していただくために、特定登録調査機関としての先行技術調査を実施しています。
本サービスは、審査請求前の出願案件が対象となり、本サービスを利用することで審査請求時にその手数料が軽減されます。
特許審査における先行技術調査を行っているIPCCが行う調査だからこそ、審査請求を検討されている皆様に大いにお役立ていただけます。

特定登録調査機関としての先行技術調査サービス

サービス概要

調査対象案件

特許出願済みかつ審査請求前の出願案件が対象となります(公開前案件も可)。ただし、以下の案件は対象外となります。

①国際特許出願案件 ②審査請求期間満了が3か月以内の特許出願案件

なお、調査対象となる請求項は、全請求項が対象となります。

調査可能分野

以下を除く全分野の調査が可能です。

①遺伝子工学関連分野 ②化学構造式検索が必要とされる分野

調査ツール 特許庁の審査官が使用している「特許庁特実検索システム」を用いて調査を行います。
調査対象範囲 国内特許・実用新案公報
※オプション料金の支払いにより、国際公開・米国・欧州特許公報等の海外文献も調査します。
納期 原則、受注後4週間以内に納品します。
※ただし、お申し込みの分野が集中している場合など、多少追加のお時間をいただく場合があります。
調査料金(税別)

基本料金:65,000円~
海外文献調査等オプション料金:35,000円~

※技術分野の難易度や請求項数等により料金は変動します。

納品物

調査完了後、郵送にて以下の納品物および返却物を送付します。

納品物
①調査報告書
②出願書類の写し(調査担当者のコメント入り)
③調査報告書に記載の先行技術文献(調査担当者のコメント入り)

返却物
④依頼時にお預かりした出願書類等

調査報告書の構成

調査報告書は、以下の項目から構成されています。

①総合コメント
調査を行った範囲や発見された先行技術文献のポイント、
また、本願の新規性・進歩性に関するコメントなどを記載しています。
②特許請求の範囲
各請求項を構成要件毎に分節して記載しています。
③検索論理式
調査時に使用した検索式の一覧を記載しています。
④スクリーニングサーチの結果
検索の結果発見された先行技術文献の番号一覧を記載しています。
⑤本願発明との対比
本願請求項の構成要件と、先行技術文献の記載事項との対比を記載しています。

お申し込みから納品までの流れ

お申し込みから納品までの流れ

お問い合わせ先
TEL:03-6665-7877
企画室 事業推進部
FAX:03-6665-7890

お問い合わせ

pagetop