HOME > 公益目的事業

公益目的事業

IPCCは「特許検索競技大会」と「大学知財活動助成事業」の2つの公益目的事業を通じて、特許調査の最前線で活躍するサーチャーから知財業界を志す学生まで、幅広い支援を行っています。 この2つの公益目的事業が、知財人口の拡大、知財活動の活性化へとつながり、ひいては日本の知的財産立国へとつながるよう力を入れて取り組んでいます。

特許検索競技大会

特許検索競技大会はJ-PlatPatや商用DBを用いた実際の検索作業を含む問題等を通じて、特許調査の実務能力を競う大会です。本大会には、初級者・学生向けのベーシックコースとプロ向けのアドバンストコースがあり、成績優秀者・優秀団体の表彰に加え、成績に応じたレベル認定を行っています。

本大会は、特許調査能力の客観評価、優秀者・優秀団体の顕彰等を通して、特許調査に関する技術の普及啓発を促すことにより、我が国のイノベーションの促進に寄与することを目的としています。

大学知財活動助成事業

大学知財活動助成事業は、資金の助成を希望する大学から、その大学において実施予定(または継続中)の知的財産の保護・活用促進につながる活動案を募集し、活動の独自性・有効性・実現可能性等を考慮して選定した活動に対し、必要な資金を提供(無償供与)するものです。

本知財活動助成事業により知財活動の活性化を図り、ひいては知的財産立国を通じた我が国の産業・経済の発展に寄与することを目的としています。

大学知財活動助成事業

pagetop